バナー

親知らずによるトラブル

親知らずは、10代後半から20代前半に生えてくるため、その生え始めを親が知ることができないことから、その名前がついています。
親知らずは、すべての人に生えてくるものではなく、4人に1人の割合で全く生えてこない人もいます。

親知らずは、横や斜めに生えてくることがあります。
歯が露出している場合は、歯ブラシが届きにくく、磨き残しによる虫歯や歯周病、口臭の原因となります。

また、歯が露出していない場合でも、手前の歯を圧迫したり、歯の周りの骨を溶かすなど、歯並びをわるくする原因ともなります。


まっすぐに生えていて、悪さをしていない場合は、抜歯の必要はありませんが、上記のような悪影響を及ぼす場合は、抜歯がすすめられます。

ただし、下あごに横向きに生えている親知らずの抜歯は困難が伴います。

場合によっては、歯茎を切開し、歯を砕きながら歯を抜き取らねばならないこともあります。


埋まっている歯が大きく、かつ横に生えている場合は、局所麻酔ではなく、全身麻酔で口腔外科での手術となることもあります。

この場合は、術後も大きく腫れることがあり、数日間の入院が必要になります。

教えて!gooについて知っておくと便利なことが良く分かるお得なサイトです。

親知らずを抜歯するのであれば、できれば20歳くらいまでに済ますのが望ましいです。

iPhone7の予約のことなら、こちらをご参考にしてください。

それは、骨や歯茎の治りが早く、神経のリスクが少ないことがあげられます。



また、放置しておくことにより、虫歯や歯周病になるリスクが増加することになりますので、できるだけ、早い対応をおすすめします。