バナー

AWSのクラウドを利用すべきかどうか

AWSのクラウドは色々な面で優れているのですが、自社サーバや専用サーバを利用する企業も多くあります。

すべてにおいて優れているわけではなく、目的によっては適していないこともありますから、この点には注意が必要です。
まず、SLAについてです。
SLAとはService Level Agreementの略で、日本語ではサービス品質保証と呼ばれます。つまり、サーバとしての品質だと考えれば良いでしょう。たとえば、メンテナンスによって利用不能になったり、障害によってアクセスできなくなったりする時間や制限に対して上限を定めておいて、さらに保証内容を定めるという合意を指します。



AWSのクラウドは優れたサービスを提供していて、サーバとしてはかなり安定しています。

しかし、SLAよりも向上させることは難しいというのげ現状です。


こちら側が利用するのはあくまでも仮想空間でしかありませんから、物理サーバが何らかの障害によって停止した場合には、こちら側で改善することは無理です。

@niftyニュース情報について詳しく解説しております。

アマゾンに対策をしてもらわないととどうしようもありません。


これを考えれば、AWSのクラウドでSLAよりも優れた品質を確保するのは難しいことが分かると思います。
実現をするのであれば、リージョンをわけて稼働率を上げるといった対策が考えられます。



アマゾンというと規模の大きい企業ですから安心してサーバを利用できそうに思いますが、アマゾンとは言っても、落ちるときは落ちるのです。